General information

インタビューInterview

若手飼育専門員
坪谷

若手飼育専門員 坪谷 作業中です

自己紹介をお願いします。

動物系の大学を卒業してから関東周辺の動物園で飼育員や解説員として働き、今年度から天王寺動物園でお世話になることになりました。現在は猛禽類、大型ネコ科、ハイエナ、オオカミ、ハイラックス、タヌキ、アナグマを担当する班に所属しています。どうしたら動物達がもっと幸せに感じる暮らしを提供できるか、どうしたら動物達の魅力をもっと来園者に伝えることができるかということを心がけています。園内で動物について来園者のみなさまから気軽に聞いていただけると嬉しいですし、逆にこちらから話しかける事もありますが怖がらないでいただけると幸いです。

坪谷さんから見て、天王寺動物園の魅力を教えてください。

商業施設や観光地が近くアクセスも良いので、気軽に来園しやすい点だと思います。そのためか何かのついでに来園する方からマニアの方まで、客層の幅は広いように感じます。来園して動物や解説板などを見ていただく事で、普段そこまで動物に興味ない人でも、動物や自然について考えるきっかけになれば嬉しいです。

 

若手飼育専門員 坪谷 施錠確認は大切

若手の坪谷さんから見て、先輩たちはどのように見えますか?

優しく、困ったことがあればいつもサポートしてくださります。特に何か新しい事をする時や問題が起きた時は、先輩たちがそれぞれの経験や知識からアドバイスをくださるので、色んな分野の勉強になります。私も早く先輩たちに追いつけるように、努力を続けていきたいです。

将来この仕事を目指す人たちに一言お願いします。

飼育員は動物たちを、より健康により幸せに飼育することが求められています。そのため栄養学や行動学など動物に関する色々な知識が必要になります。しかし、動物に関することだけでなくコミュニケーション能力も重要だと私は考えています。来園者とのコミュニケーションももちろんですが、それに加えて一人で動物の全てを見ることは難しく、他の人と情報を共有して協力し合ってこそ、多くの視点から動物の暮らしをサポートすることができます。私はまだまだ身につけるべき知識や技術が多く大変なこともありますが、やりがいや楽しさも大きい仕事だと思っています。
これから飼育員を目指される方を応援しております。一緒に立派な飼育員を目指していけたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました