天王寺動物園のデータも使った研究が米科学誌「サイエンス」に掲載!

うれしいニュースが飛び込んできました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天王寺動物園でも利用している動物園情報管理システム(ZIMS)のデータを使用して、Species 360(ZIMSを管理しているNPO法人)のチームと南デンマーク大学の研究者がカメの老化に関する研究を行い、論文があの「サイエンス」に掲載されたというのです。科学をかじった人のみならず、多くの人がこの「サイエンス」という雑誌の名前は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

データは当園のものだけでなく、日本国内や世界中のZIMS利用施設のものも使用されていますが、これまでZIMSにコツコツと動物のデータを入力してきた歴代担当者にとっては、誇らしい限りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

論文の中身としては、カメは生活環境がいいと老化が遅くなる、もしくはほぼ止まる可能性があることがわかったというものです。詳細はここでは省きますので、興味のある方はぜひ以下を見てみてください。

(Japanese) Press Release: Turtles and Tortoises Challenge Evolutionary Theories of Aging - Species360
新規試験:老化の進化論に挑むウミガメとリクガメ Species360 Zoological Information Management System(ZIMS)のデータにより、Species360 Conservation Science Allianceおよび南デンマーク大学の研修者らは、リクガメとウイカメの老化の...
タイトルとURLをコピーしました